flowing KARASUMA

Event - May 2008

『Lirico presents Tamas Wells Japan Tour 2008』

2008.05.18


さてさて、flowingにて6月末、タマス・ウェルズさんの
来日公演が決定いたしました。ご予約受付開始です!
ご希望の方は、下記連絡先までお問合せくださいませ。

またまた一味違うflowingの夜が楽しめるはず。
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

Lirico presents Tamas Wells Japan Tour 2008

日時:2008年6月29日(日) OPEN18:00/START19:00
場所:flowing KARASUMA(1F CAFE DINING)
料金:前売 3,000円 /当日 3,500円 (drink別)
出演:Tamas Wells, The Steadfast Shepherd
主催:Lirico

ご予約・お問合せ
Lirico ( http://www.inpartmaint.com/lirico/)
mail: lirico@inpartmaint.com
(公演日/お名前/連絡先/人数をメールください)


●アーティストプロフィール

Tamas Wells

タマス・ウェルズは、オーストラリア生まれ、現在はミャンマーに在住し、現地のNGOでHIV/エイズ教育の仕事に従事する異色のアーティスト。2006 年秋に日本でもリリースされた2ndアルバム『A Plea en Vendredi』が口コミで大きな話題を呼び、現在までロングセラー中。人々の心を洗うような美しい歌声は、「天使の歌声」と大きな評判を呼んだ。 2007年夏に行われた初のジャパン・ツアーを成功させ、その後、ミャンマーの反政府デモの最中に作られたという待望の3rdアルバム『Two Years InApril』は5/16に日本先行リリース。
http://www.myspace.com/tamaswells

The Steadfast Shepherd

タマス・ウェルズ・バンドのメンバーであり、プロデューサーでもあるネーサン・コリンズのニュープロジェクト。アコースティック・ギターを中心に組み立てられる卓抜したメロディーセンスはタマス・ウェルズに勝るとも劣らない。
http://www.myspace.com/thesteadfastshepherd

6月に小沼ようすけさんライブ決定!

2008.05.13


さてさて、flowingでは素敵なイベントが続々決定♪
小沼ようすけさんライブツアーの、京都会場がflowing KARASUMAに!
心地いいギターがflowingに響き渡ります-
80名様限定の、スペシャルライブ★
是非皆さま、遊びにいらしてください。

小沼ようすけAcoustic guitar solo "Memory of Beautifulday"tour 2008

日時:2008年6月12日(木) OPEN 19:00/START 19:30
場所:flowing KARASUMA(1F CAFE DINING)
料金:\4,000(ドリンク別)
定員:80名様限定

主催:株式会社ハートミュージック
協力:下村音響株式会社
    flowing KARASUMA

ご予約・お問合せ
flowing KARASUMA
075-257-1451
info@flowing.co.jp


●アーティストプロフィール
小沼ようすけ
1974年11月24日、秋田県生まれ。14才で父の影響によりギターをはじめ、ロック・バンドを組み活動開始。その後ジョージ・ベンソン、ダニー・ハザウェイ、グラント・グリーンらに感銘を受け、本格的にジャズ・ギターを学ぶ。

1995年、ヘリテージ・ジャズギター・コンペにて日本代表、世界3位の後、1999年、ギブソン・ジャズ・ギター・コンテストにて優勝。 その後、リーダーの金子雄太(Org)、大槻”KALTA”英宣(Ds)とともにジャズ系ジャムバンドAQUAPIT”LIVE AT THE ONIX”を インディーズレーベルからリリースし、CLUB、ジャズ系ライブハウスを中心に活動。

そして2001年、アルバム「nu jazz」でソニーミュージックよりメジャーデビューを果たす。
2002年に2nd album「Summer Madness」、2003年には3rd album「Jazz'n'Pop」を立て続けにリリースし、 評価の高い彼自身のオリジナル楽曲を中心にPop、R&B、Rock等の名曲を斬新なアレンジでカヴァー。 ジャズという枠に囚われずあくまでも自由な彼のスタンスは、この頃からJ-POPを始めとする幅広いジャンルのアーティストとの共演のみならず、 「絵画」「水墨画」「花」「香り」「映像」等、「Art×ギター」をテーマとしたコラボレーションも精力的に行う。

翌年2004年には自身初となるギター・トリオでのNYレコーディング。 ベースにジャコ・パストリアスの再来といわれる天才リチャード・ボナ、ドラムには数々の一流プレイヤーとの共演で実績のある アリ・ホニッグという布陣で挑んだ通算4枚目のアルバム、「The Three Primary Colors」をリリース。

また同年、TOKU、日野賢二らと、スーパーユニット「TKY」を結成し、2005年1月に「TKY」をリリース。 圧倒的な人気からFuji Rock Festival、東京JAZZを筆頭に全国20箇所以上のジャズ・ロックフェスティバルからのオファーにより出演。 ラストライブは11月の品川ステラボールにて盛大に幕を閉じ、当初より一年間限定で結成された日本最高峰のユニットは惜しまれながらも活動休止となる。

その後、2006年4月、自身としては2年ぶりとなる5thアルバム、「3,2&1」をリリース。 「パーソナル感」をテーマに彼のオリジナル楽曲に加え、極めてアレンジクオリティの高い名曲のカヴァーを収録。 また世界の小曽根真をフィーチャーしたデュオ2曲も収録されており、彼のギタリストとしての実力を改めて認知させる衝撃作となった。

その後、念願の湘南へと拠点を移し、新たな自身の方向性を模索。 そして2007年10月、「海辺の美しき一日」をテーマに彼のサーフィン・ライフと音楽的ルーツとが結晶化して生まれた6th album、「Beautiful Day」をリリース。
レコーディングはサーフィンのメッカL.A.にて、ジョージ・ベンソンの名作「Breezin'」を録った同じスタジオ、エンジニアで行われ、 ドラムにスティーヴ・フェローン、ベースにリンカーン・ゴーインズという世界トップクラスのスタジオミュージシャンを起用。
ジャズを、海を、そして自然を愛する心を綴ったメッセージ・アルバムを持して、ギタリストして唯一無二のオリジナルスタイルを追求する。
http://www.heartmusic.co.jp/YosukeOnuma/


front act : MAGIC FIVE

MAGIC FIVE
七色の光に誘われ 五次元の世界をきらくに旅を続けていた二人が
音の魔法を掛けられ 月の眩い夜 笑顔に囲まれた土地に
舞い降りる。幻想を型どりくもりなき銀河の音を調和させ解き放ち。
電子のウェ~ヴが魂と共鳴する。
時には心地よい風のように心そよがせる。
071031222412041652080130220805091844



flowing LIVE Vol.11『土岐麻子』のお知らせ!!

2008.05.11


さて、6月のflowing LIVEのアーティストのお知らせです!
なんと、土岐麻子さんの登場!
早くからご予約いただいて、ありがとうございます。
私たちも楽しみでなりません!ただいま、ご予約受付中。
是非皆さまお見逃しなく♪

flowing LIVE Vol.11 『土岐麻子』

日時:6月11日(水) Open18:30/Start19:30
ゲスト:土岐麻子
入場料:前売り\3,500(1drink込) 当日\4,000(1drink込)

●前売りメール予約(当日精算)
お名前、ご予約人数、メールアドレス、電話番号を必ず明記の上、info@flowing.co.jpへお送りください。

●前売り電話予約・問い合わせ
075-257-1451(flowing KARASUMA)

アーティストプロフィール
土岐麻子
1976年東京生まれ。1997年にCymbalsのボーカルとしてデビュー。2004年の解散後、実父である土岐英史氏を共同プロデュースに迎えたジャズ・カヴァー集「STANDARDS~土岐麻子ジャズを歌う~」をリリースし、ソロ活動をスタート。
昨年11月21日、シティ・ポップなどのテイストをあしらったオリジナル・アルバム「TALKIN’」(rhythm zone)でメジャー・デビュー。
その存在感のある声は各方面で高く評価され、多数のアーティストのレコーディングやライヴへの参加、またCM音楽の歌唱やナレーションなど、幅広く活躍している。

http://tokiasako.com/

---------------------

そして!まもなく来週末の5/11(金)は、
flowing LIVE Vol.10『ハシケン/カコイミク』です。
ご予約受付中。ぜひぜひ遊びにきてくださいね♪

flowing LIVE Vol.10の情報は、こちらから↓↓
http://www.flowing.co.jp/concept/index.php?itemid=759