flowing KARASUMA

Event - April 2012

ROGGYKEI LIMITED SHOP & INSTALLATION『ROGGYKEI BUT COUTURE 』

2012.04.17
null

ROGGYKEI LIMITED SHOP & INSTALLATIONのお知らせです。
今回で5回目となる、EXHIBITION。
ROGGYKEIの世界観が存分に楽しめる機会です。
どうぞお楽しみに!


ROGGYKEI BUT COUTURE展

[BUT COUTURE]
近年においてクチュールという言葉はほとんど耳にしなくなった。
フランス語で「衣装店、縫製、仕立て服」という 意味だが、
現代ではその存在意義が風化されているように感じる。
1868年に「フランス・クチュール組合」が創設されてから約1世紀半が経った今、
世の移ろいとともに変わるファッションが均一化する時代、飽和状態な今だからこそ
新しいデザインに対してのクチュールを再認識するときではないだろうか。

●日時
2012/5/7(MON)~2012/5/13(SUN) 12:00~20:00 (※5/12(SUT) ~18:00)

●場所
flowing KARASUMA 2F

●プロフィール
興梠 仁 HITOSHI KOROGI / 宮腰 景子 KEIKO MIYAKOSHI

2004年 大阪ファッションデザイン専門学校にてパターンメイキングを習い始める

2007年 播州織デザイナージョイントコレクションに参加
ジャパンクリエーションに作品展示

2008年 ジャパンクリエーションに作品展示
播州織デザイナージョイントコレクションに参加

2009年 大阪ファッションデザイン専門学校卒業ショーに特別参加
YOKOHAMA RENAISSANCE FINAL / PETER GRAY'S HAIR SHOWに参加
装苑1月号 ニューカマー特集に掲載

2010年 大阪ファッションデザイン専門学校卒業ショーに特別参加
ROGGYKEI×XANADU「FASHION ADDICT NIGHT」開催@sunsui
嵐「Monster」PVにて櫻井翔さんベルト着用

2011年 アトリエ兼ショップを大阪本町にて開設
「au by KDDI karada Manager」CMソング LIL新曲「Watching you feat.WISE」PVにてブレス着用
ROCKIN'ON JAPAN 9月号表紙及びLIVEにてサカナクションにアクセサリー提供
LADY GAGA来日時「MTV記者会見」及び「スッキリ」にて衣装提供
LADY GAGA日本出国後、台湾にて着用

現在 国内外の13店舗のセレクトショップ及びカフェのギャラリースペースにて販売中

ROGGYKEI
http://www.roggykei.com/


null

第17回京都国際ダンスワークショップフェスティバル 「こどもとおとな」ワークショップ 参加者募集!!

2012.04.13
第17回京都国際ダンスワークショップフェスティバルの
「こどもとおとな」ワークショップが、flowing KARASUMA2Fにて行われます!
ただいま参加者募集中です。

ぜひ、ご参加くださいませ!  

以下、Dance & Environmentさんからの詳細です!!

**************************************************

第17回京都国際ダンスワークショップフェスティバル
「こどもとおとな」ワークショップ 参加者募集  

みやここども土曜塾登録事業

***************************************************

---------------------------------------------------------------------------
ゴールデンウィークは、海外のダンサーと楽しもう
---------------------------------------------------------------------------
子どもと大人が一緒になって、からだをつかって自分のからだや人のからだを知って楽しむクラスです。海外一流の振付家のリーディングのもと、表現することを子どもも大人も一緒にする中で、それぞれの豊かな表現や、年齢を超えたコミュニケーションの難しさも楽しさも知る場が生まれます。ナヴィゲーター「ジョン原人」とともにダンスを楽しみましょう。会場はカフェも充実のflowing KARASUMMA。素敵な空間もお楽しみください。

■□■□■□■□ フェスティバル公式サイト ■□■□■□■□
http://www.hotsummerkyoto.com/idf/2012/ja/index.html

[日時] 2012年5月3日(木祝)~5月6日(日)13:30~14:20 /14:30~15:20 全8回

[会場] flowing KARASUMA 2F
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645
TEL 075-257-1451 
http://www.flowing.co.jp/
[ナビゲーター] ジョン原人(森井淳/大阪)

[講師]  
5/3(木・祝)パジャマおじさん(坂本公成/京都)
5/4(金・祝)ディディエ・テロン/フランス
5/5(土・祝)アリーヌ・ランドゥロー/フランス
5/6(日)マタン・エシュカー/イスラエル

[料金] こども ¥3,000/通し ¥1,000/1日 ¥500/1回
         おとな ¥10,000/通し ¥3,000/1日 ¥2,000/1回

[定員] こども 10名  おとな 10名

[対象] こども 6歳以上  おとな 18歳以上(親子でもそうでなくても可)

[お申込方法]
ウェブ申込フォーム(http://www.hotsummerkyoto.com/)またはメール、FAXにてお申込みください。

[主催/お申込み/お問合先]
一般社団法人 Dance & Environment(ダンスアンドエンヴァイロメント)
メール: info@hotsummerkyoto.com
FAX:075-722-2878

20120413-mg_2577-607x404.jpg
こどもとおとな
講師:エリック・ラムルー(フランス)ワークショップ風景
2010年

20120413-2.jpg
講師:ダニエル・ユン(香港)ワークショップ風景 
2008年(photo:町田佳代子)

null
左上から時計回りに
マタン・エシュカー/アリーヌ・ランドゥロー/坂本公成/森井淳/ディディエ・テロン

映像芸術祭“MOVING 2012"のお知らせ

2012.04.12
null

MOVING実行委員会さんが、この春開催される映像芸術祭“MOVING 2012"のお知らせです。
開催目前!楽しみですね!!!


映像芸術祭“MOVING 2012"

“MOVING 2012"は、京都で開催される映像芸術祭です。
期間中日本全国から新進の映像作家18組を招き、京都芸術センター、
京都シネマ、METROなど約7会場で、『映像の展覧会=MOVING Exhibition」
「映画館での上映=MOVING Theatre」「映像と音によるライブ=MOVING Live」
「映像に関するトーク=MOVING Talk」「オリジナルDVD販売」を行います。

今日、メディア機器やITの発達によって、映像メディアに触れる機会が増えています。
近年まで映像鑑賞といえば、映画や家庭内でのTV番組鑑賞に留まっていましたが、
新しいメディアの登場、普及によって、今ではより広く私たちの生活に浸透しています。
それにより映像芸術も「実際にある風景をそのまま撮影できること」、
「様々なメディアが新しく生まれる中で変化すること」、あるいは「編集や加工によって
フィクションのような世界を作り出すこと」 など、映像にしかできない表現を生かしながら、
他の芸術とは異なるオリジナリティーを得てきました。

しかしこれまで映像にスポットをあてた展覧会が日本国内、特に関西で開催される機会は決して多くありませんでした。
そのような状況を踏まえ、私たちは若手を中心に国内最先鋭の映像作家を招聘し、
映像表現の可能性を検証/追求するために映像芸術祭『MOVING 2012』を開催します。

MOVING実行委員会


●会期
2012年4月20日(金)~2012年5月13日(日)

●会場
京都芸術センター/京都シネマ/METRO/Division、Social Kitchen/第五長谷ビルB1店舗跡スペース/ホテルモントレ京都4階411号室(ART KYOTO 2012内) ほか

●参加作家
Antenna/石田尚志/伊瀬聖子/Otograph/かなもりゆうこ/小山泰介/PsysEx※/
シグナレス※/田村友一郎/辻直之/土屋貴史/トーチカ/林勇気/平川祐樹/
松本力/水野勝規/宮永亮/村川拓也/Merzbow※/八木良太/山口崇司
※オープニング・ライブイベントへミュージシャンとして参加。

●URL
http://www.moving-kyoto.jp/

●E-Mai
linfo@moving-kyoto.jp

●主催
MOVING 実行委員会(水野勝規、林勇気、宮永亮)

●共同企画
&ART 株式会社フィールド

●共催
京都芸術センター

●後援
京都市

●協賛
株式会社フィールド/資生堂

●助成
公益財団法人花王 芸術・科学財団/野村財団


----------------------

.イベント名について
MOVINGという言葉は、「映像(moving image)」「うねりをつくる」「動き/動く事」「移動する」「感動する」
といった様々な意味の広がりを持っています。
「世の中の状況」「映像を取り巻く状況」「人々の心」など様々なものが映像表現により動くという期待を、
鑑賞者/体験者に感じさせる事を意図しています。


http://www.moving-kyoto.jp/


-----------------------------

flowingでは、この会期中“MOVING 2012”にまつわるグッズの販売コーナーが登場します。
また、私達の会社、長谷ビルディンググループ第五長谷ビルでは、会期中
地下1F店舗跡にて、美術作家かなもりゆうこさんの展示が行われます。