flowing KARASUMA

Event

PARSOPHIAオープンリサーチプログラム[レクチャー] 妹島和世

2013.10.08
20131010-1240-02.jpg
the Louvre-Lens in Lens, France
co - auteurs du Musée du Louvre-Lens : (c) SANAA / Kazuyo Sejima et Ryue Nishizawa - IMREY CULBERT / Celia Imrey et Tim Culbert - MOSBACH PAYSAGISTE / Catherine Mosbach

今月25日、2015年開催に向けて動き出している
京都国際現代芸術祭2015 "PARASOPHIA"のオープンリサーチプログラムとして
建築家 妹島和世さんのレクチャーが、flowingにて開催されます。
ぜひこの貴重な機会、お見逃しなく!

-------- 以下PARASOPHIAのイベント詳細ページより -----------

オープンリサーチプログラム[レクチャー]
妹島和世


【日 時】2013年10月25日金曜日 15:00–16:30 ※開場時間14:30
【入場料】無料(要申込)
【定 員】80名
【言 語】日本語
【会 場】flowing KARASUMA(1階)
【主 催】京都国際現代芸術祭組織委員会、一般社団法人京都経済同友会、京都府、京都市
【後 援】国際交流基金
【協 力】株式会社長谷ビル

【お申込み方法】氏名、連絡先(メールアドレスまたはFAX番号)をご記入のうえ、
10月20日(日)までにメールまたはFAXでお申し込みください。
お申込み数が募集定員を超えた場合は抽選を行います。
参加の可否について10月22日(火)にメールまたはFAXによりご連絡いたします。
*1件のお申込につき1名まで
【お申込み先】メール:event@parasophia.jp  FAX:075-257-1454
【お問合せ先】contactページから→ http://www.parasophia.jp/contact/

http://www.parasophia.jp/events/a/kazuyo-sejima/

20131010-0047sejima.jpg
photo credit:TAKASHI OKAMOTO

妹島和世
建築家。1956年茨城県生まれ。1981年日本女子大学大学院修了。
伊東豊雄建築設計事務所を経て、1987年に妹島和世建築設計事務所を設立。
1995年に西沢立衛とSANAAを設立。主な受賞に、日本建築学会賞*(1998・2006)、
第9回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞*(2004)、毎日芸術賞建築部門*(2005)、芸術選奨文部科学大臣賞美術部門(2006)、藝術文化勲章オフィシエ(2009)、プリツカー賞*(2010)など(*印はSANAAとして)。SANAAの主な作品に、金沢21世紀美術館(2004)、トレド美術館ガラスパビリオン(アメリカ、2006)、ディオール表参道(2003)、スタッドシアター・アルメラ(オランダ、2006)、ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート(ニューヨーク、2007)、ロレックス・ラーニングセンター(スイス、2010)、ルーヴル・ランス(フランス、2012)など。2010年に第12回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展の総合ディレクターを務める。
京都では現在、妹島の設計による集合住宅「NISHINOYAMA HOUSE」が大宮西野山にて建設中。
http://www.sanaa.co.jp/


20131008-parasophia_support_l.jpg

PARASOPHIA:
京都国際現代芸術祭2015の組織委員会事務局では、芸術祭の対象を狭義の美術に限定せず、建築的な視点を含めて、現代の芸術的動向を広く見渡した事業にするべく調査を進めています。今回のオープンリサーチプログラムでは、フランスの美術館「ルーヴル・ランス」(SANAA)の設計をはじめとして海外の美術館事情にも詳しく、また第12回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展の総合ディレクターを務め、海外のビエンナーレ実施にも関わられた建築家の妹島和世氏をお招きし、お話を伺います。
http://www.parasophia.jp/

オープンリサーチプログラムとは:
アーティスティックディレクターとキュレトリアルチームが、
PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015に向けて行う調査研究のプロセスを広く
一般に公開し共有するためのプログラムです。